• sbanner01
  • sbaqnner02
  • sbaqnner03
  • sbaqnner04
ページ上部へ

縮毛矯正は傷みますか?ダメージレスの縮毛矯正

「縮毛矯正は傷みますか?」とは、お客様から良く聞かれる質問です。

傷みやすい毛先や、傷みやすい髪質(元々細い猫毛のかた、かなり明るいカラーリングしているかた、元々傷んでいる状態のかた、等)に強い薬を使ってしまうと、一気に髪は傷みます。。

 

そこでRippleでは、

①まず毛髪診断をします。

 元々の髪質は細いか太いか?今の状態はどれくらい傷んでいるか?前回のカラーリングやパーマはいつされたのか?

②髪の状態・傷みに合わせた薬剤調合をします。

根元はどれぐらいしっかりした髪か?毛先はどれぐらい傷んでいるか?で根元の薬・中間部分の薬・毛先の薬を変えていきます。

サイドの髪と、バックの髪の太さの違い・傷みの違いに合わせて、薬を変えていきます。

③軟化チェックをします。

いくら部分的に薬の調合を変えても、放置時間がそのかたの髪質と合っていないと傷みに繋がります。            

基本的には、しっかりとした太めの髪質のかたは時間長め、細めの傷みやすい髪質のかたは時間短めに置きます。

軟化時間が長すぎると痛みに繋がり、逆に短すぎると癖の伸び不足の原因となります。

そのかたの髪に合わせ、長すぎてもいけないし、短すぎてもいけない、放置時間を調整していきます。

④アイロン工程も変化を付けます。

根元は癖を伸ばすよう、しっかりプレス。前に縮毛矯正をしている部分や傷みのある毛先などは、サッとスループレスで極力傷ませないようにしていきます。

★毛先は、しっかり真っ直ぐにするのはもちろんのこと、自然に内に入るようにすることも、アイロン調整できます。

 

 

縮毛矯正の薬は癖を伸ばす作用がある分、強い薬もありますが、このようにその方に合わせた薬で極力髪を傷ませないように縮毛矯正をかけていくと、痛みはほぼ感じられなく、ツヤサラの仕上がりになるのです。

 

そして、ツンツンに真っ直ぐするだけではなく、自然な丸みや毛先の動きを残した感じのスタイルも今は可能です。(※しっかりと伸ばしたほうが、その後の持ちは良いのですが)

 

Rippleの縮毛矯正は「キラ髪縮毛矯正」その名の通り、ツヤ感アップのお薬を使用しております。               

そして、さらにツヤ感アップしたい方はM3Dミネラルトリートメントもプラス出来ます。

 

縮毛矯正は、とにかく細かい気配りの必要なメニューです。

でも仕上がった後のツヤサラ感、お客様の喜んだお顔は、嬉しい限りです☆☆

ぜひお試し下さい。

お問い合わせ・ご予約はコチラ 営業時間:10:00~19:00 定休日:火曜日